月別アーカイブ: 2010年9月

始発【オードブル】→終点【昔ばなし】

                料理長の竹森×経理の井勢  第6回 対談
 
   井勢  「料理長今日は、オードブルですか?」
   竹森  「そうそう。めったにしいひんけどねぇ。従業員の方が、自分の同窓会
        の二次会があるのでお願いってね。」
         「この中でなにが好き?」
     
   井勢  「この鰻巻きですかね~」
       
   竹森  「ふ~ん。」
   井勢  「ふ~んって、それだけですか」
   竹森  「うん。ただなんとなく聞いてみただけやし。」
   井勢  「・・・・」
       
   竹森  「それにしてもこの日、夕方から忙しかったわぁ めったに作らんもん
          じゃけぇ頭の中で思う以上に時間がかかっちゃって。」
   井勢  「ちょうどこの日、調理師会の懇親会があった日ですね。
            
          支配人もご一緒でしたね。」
         
       
   竹森 「そうなんよ、旅館大橋さんで7時から司会せんといけん
              
        かったみたいやけど間に合わんかった・・・。」
        「変わりにしてもらった料理長さんに『竹森君来んけぇ 司会してって言われて
        慌てたよねぇわし!!見てぇやこのメモ。急いで書いたんじゃけぇ』
        って言うて自分が大変だったのをアピールして来たけぇ、
        ゴメンゴメンって謝ったよ。」
 
   井勢  「そりゃそうでしょ料理長」
    
    竹森  「彼って以前いたシモやんの事やけど。シモやんもワシと
         同じ広島じゃけぇ自分のこと『ワシ』って言うけぇねぇ。
 
          何せワシら幼稚園入る前から『ワシ』言うとるけぇ、
         ちょっと年季が入っとるんよ。小学校の時に転校生が『オレ』って
         言うとったらアイツはキザだ言うとったのをよう忘れんわぁ。」
    井勢  「思い出話が始まったので、『オレ』帰りますっ!!」
    竹森 「お疲れさまでした・・・。」  

カテゴリー: 未分類

涼風

                料理長の竹森×経理の井勢  第5回 対談
 
   井勢  「料理長、涼しくなってきたのできちんと更新しましょうね。」
   竹森  「そうやね。ずっと暑くて秋の感じがなかったけど、やっと朝夕が涼しく
        なってきたよね。」
        
     
   井勢  「秋と言えば、万翆楼の料理献立もかわるんでしょ?」
   竹森  「前菜も少しづつ、秋に向って変わっていく感じ。月替わりのコースで
          なくても、前菜の中は常に変わっていくけぇね、気分で」
   井勢  「料理長 気分って・・・」
               
   井勢  「月毎で変えてるんじゃないんですか?」
   竹森  「ガラっと変わる時のあるけど、気が付けば変わってる感じかな、
        『明日からこの一品を入れる』と言いながら、当日の朝になると
        『昨日言ってたけどやっぱりそれやめて違うのにするわぁ~』って言うと
        
        みんな『エ~~~!』ってよろこんどるヨ。」
    井勢  「出た! 気分次第。みんなの顔が思い浮かびます。」
     
           
    
    竹森  「仕入れた材料は、違う料理に仕立てるけぇ、なんの問題もないし。」
    井勢  「いやいや料理長 みんなが・・・」
         
    竹森 「この料理しようと思って材料仕入れて料理する時が
         大半やけど、材料仕入れたけど、気が変わって
 
       『さあ、仕入れた材料をどう生かそうか』って
       考えるのもまぁ悪くないし楽しいね。」
        「まあ、長いこと暑かっただけにちょっと涼しくなってきてヤレヤレやね。」
 
     井勢  「最後まで気分ですね。」
       
      竹森 「これから、山も海も自然がいっぱいの鳥取はいい季節なんで
           是非、訪ねてみて下さい。お待ちしてます。」
      井勢  「料理長気分で締めましたね・・・ ブログは定例で」

カテゴリー: 未分類