月別アーカイブ: 2012年1月

新春第1号

                料理長の竹森×支配人の井勢  
第16回 新春対談
                     
   竹森  「新年あけましておめでとうございます。
 
  
         平素からの皆様のご支援とご厚情に深謝しつつ今年も
 
         頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。」
     
   井勢   「明けましておめでとうございます。
         今年も一つ年を取った二人を末永く見守ってください。」
               
 
   竹森   「それにしても久し振りに肩車して
         貰って、おもしろかったわ。ありがとうございました。」
   井勢   「不意に言うから料理長~準備ってもん
         がいりますよ。」
  竹森   「流石に、万翆楼の支配人だけあってワシを
         持ち上げるのなんか机上の消しゴムのカスを
         払いのけるかのごとくやね。軽い軽い。」
  井勢   「なんで肩車なんですか?
         背骨が1個なくなるかと思いました。
         上げるのはいいんですけど、下ろす時が腰にきます。」
  竹森   「あっ、そう、うん。まあなんで肩車ってたいした意味
        は無いんやけど、って言うかただ思いついただけで気が
        付いてみたら横に支配人が準備宜しく、
        自分の出番を待っとるじゃない。
        どちらが肩車してもらう方で、どっちが肩車する方かなんて
        口に出して言わんでもわかるやろ。ワシの方が体重軽いし、
     
        歳やし、身体弱いし、
    
        そんなワシに肩車されたんじゃ支配人のプライド
        が邪魔して素直に喜べへんやろ。」
          
   井勢    「プライドよりも喜んで温泉街走りますよ!
         3m高さからだと怖くないですか?」
   竹森  「ぜんぜん、ちょっと怖くても楽しかったで。
    
         じゃけえ、さっきも『面白かった。ありがとうございました』
         言うたやろ。支配人も楽しかった?
     
   井勢    「料理長が軽くて寂しくなりました(涙)
         いっぱいご飯食べてくださいね。年なんだから…(小笑い)」 
       
   竹森  「食べとるんやで、かなり長い食事時間で…
   井勢   「(やばい!! 火をつけてしまった…)」
   竹森  「休日の夕食は大体2時間は超えるし、普段は1時間ぐらい
         
         かな。食べ始める前に家族皆で『合掌いただきます』して、
         それからみんなで『乾杯』(子供は麦茶で、親ビールでね)って、
         それから食べ始めるんやけど長いんよ。
         大体年と共に太っていくの代謝が悪くなって、身体
         に付き始めるんやろ。ワシ、家でも食べ物のとり合わせとか言うで。
         『これはエネルギーになる方で、これは老廃物を出す方とか
         体を温めてくれる物、冷やす物で一緒にバランスよく
         取った方がええんやで。』とか
   井勢   「給食の時間の放送と同じですね。」
   竹森  まぁもっと詳しくしゃべっとるんやけど、なにせ休み
         の日はワシ料理当番やし。この前、子供に褒めて貰ったよ
   
         『お父さん包丁で切るのメッチャ早いよ未来ちゃん』言うて
         まぁ食べ物のとり合わせとか
         『家族での楽しい食卓』なんて書きだすと
         この先、長い旅路になりそうじゃけやめとくけど、今度機会
         有ったらかこうかねぇ。」
   井勢   「料理長長いめちゃくちゃ長いじゃないですか
         パソコン入力するの僕ですよ!!」
   竹森  「ワシはそんな気、無かったんじゃけど食事と歳
         とポロッと出してくるけぇ。
         竹森君 我が意を得たり…となるわけよ。支配人が、やんや言うけ
         そろそろお暇しましょうかねぇ。」
   井勢   「そうですね、何事もチャレンジで上を目指しましょう!!」
 
  
   
                     
                                          

カテゴリー: 未分類