月別アーカイブ: 2012年6月

ある日の料理長

料理長     「おはようございます。」
明 津     「おはようございます。最近、何か、変わったことありました?」
料理長     「そうそう、先日、万翆楼の社員駐車場で競争してみたんよ・・・。
          80Mぐらいかな~。
          3人で走ったんじゃけど直前まで、わし走る予定じゃなくて・・・。
          前から女性二人共「私、走るの速いです」って言われてたから
          どっちが速いか勝負してもらおうと思ってたんよ(笑)。
          片方の派遣の方が「明後日で帰るんですが競争しないまま
          なんで明日なら良いですよ」って事で、
          「料理長も一緒に!!」って言われて。
          まぁ、にぎやかにね」
明 津      「料理長、ハーレム状態じゃないですか
          どうだったんですか???」

料理長     「まぁ、なんやかんやしようかと思う気持ちが無くなってきたら
          ちょっと寂しいよね~
          頑張ったわ」
   
  
僕、1ば~~ん   
料理長     「果敢なる抵抗も虚しく老眼には白旗をあげてしもうたけど
          明津さん、まだ全然平気なん?」
明 津      「料理長、それは、前回の対談の時にもお話ししましたが
          まだまだ大丈夫ですよ」
料理長      「話は変わるけど女将さん、おちゃめさんなんよねぇ
           そう思わん?
           申し訳なくて、有難くも、先日、海の蝶から女将さん来られて
           たんだけど、ロビー横の池のほとりの山肌が禿てるのを見かねて
           先頭に立って、植栽くれはった際、その勢いに山肌が揺らいだんか
           足が滑ったんか、有るべきはずの地面が存在してなかったんか
           詳しいことは知らんけど勢い余って、池に入水されたやん」

明 津      「入水ですか???詳しい事、私知らなくて・・・。」
料理長     「綺麗に言うとね。いつもの言葉なら、池に落ちてしまわれた
          言うんじゃけど(笑)
          女将さんのブログ書かれてるようにね。
          その話をしとった時に、女将さんを前にワシの口も
          勢い余ったわけよ。
          「・・・の冷や水」言うてしもうたわ」
明 津      「・・・の冷や水」???
料理長      「そうそう、でも、まぁ、自分とこの女将さんを
          自慢げに言うのもあれやけど、
          キリッと厳しくてオチャメでかっこええけぇね
          そんなオチャメな女将さんに会いたい方は「海の蝶」へ
          池と山肌を見たい方は「万翆楼」へ
          お越しいただけるととっても嬉しいです
          宜しくお願い致します。」
明 津       「料理長、池と山肌で、料理は良いんですか?」
料理長       「それ、忘れとったわ
            ええとこに持っていくね~
            うちは温泉旅館じゃけぇ、
           内からも外からも癒せるように・・・
           ってことは、常に思っとるねぇ・・・。」

明 津       「私も内からと外からと・・・ってエステティシャンしてる時に
           打ち出してました 大賛成です。」
料理長       「これが、なかなか難しいんじゃけど・・・」

明 津        「料理長のお料理は、一品一品が手作りで、
            素敵ですよ~
            先日、お料理研修させて頂いた時、
            料理長の想いが伝わってきました」

料理長      「ほんまぁ?ありがとう
           じゃ、この辺でおいとまさせて頂こうかなっ。
           今回も長めでのおつきあい有難うございました。」
追伸
        
入水しはった時、一緒に来館された西村支配人は、
そばで球根の根を切ってたらしいです(本人いわく)

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村ポチっとお願い致します

カテゴリー: 日々